【那覇】古本屋を始めて約45年になる「安里古本センター 国書房」の仲本和雄さん(75)が高齢などの理由で引退を考え、後継者や古本の買い取り手を探している。「本を読めば世界が広がる。古本屋は大変だけど、本が好きな人に引き継いでもらいたい」と期待する。 市三原にある店の広さは165平方メートルほど。