私たちは、我が目を疑うような信じ難い光景に出くわした時、「夢か現か幻か?」と言う表現をよく使います。 夢は、誰もが経験することで周知のことですが、幻覚はというと、経験した人は少ないものと思われます。