沖縄タイムス+プラス ニュース

玉城デニー氏の選挙母体が事務所開き 沖縄県知事選

2018年9月1日 08:54

 9月30日の沖縄県知事選に出馬する玉城デニー氏(58)の選挙母体「平和・誇りある豊かさを!ひやみかち・うまんちゅの会」の事務所開きが31日、那覇市の教育福祉会館で開かれた。冒頭、8日に膵臓(すいぞう)がんで亡くなった翁長雄志前知事に黙とうをささげた。

ガンバロー三唱で気勢を上げる玉城デニー氏(前列中央)=31日午後、那覇市古島・教育福祉会館

 玉城氏は翁長前知事の「これ以上沖縄の未来に禍根を残さない、子や孫たちに負の遺産を残さない、これ以上沖縄に平和や自然を壊す米軍基地はいらない」という遺志を引き継ぐ決意を述べ、31日に県が行った承認撤回を支持する考えを示した。

 玉城氏は沖縄を「自然環境を大事にし、誇りある豊かな平和な島にしよう」と強調した。「あらゆる人を受け入れる、子どもたちがどんどん世界へ飛び立っていく拠点にしていこう」と呼び掛けた上で「新時代沖縄をつくりたい」と力を込めた。

 選挙母体の会長には金秀グループの呉屋守將氏、選対本部長には仲里利信前衆院議員、顧問に照正組会長の照屋義実氏が就任した。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間