沖縄タイムス+プラス プレミアム

【解説】翁長氏の遺志継ぐ、新基地阻止の切り札 「行政手続き」強調する沖縄県

2018年9月1日 13:01

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設阻止を掲げ続けた翁長雄志前知事の遺志を継ぎ、県が辺野古阻止の最大のカードとなる埋め立て承認の撤回を実行した。撤回の権限を委任された謝花喜一郎副知事は31日の会見で「あくまで行政手続きだ」と繰り返し、知事選を考慮した政治判断を否定した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ