6年前の交通事故で脊髄を損傷して後ろ脚が不自由になり、犬用車いすで散歩を続ける雑種の「まおちゃん」が、飼い主の石垣市石垣の上原文夫さん(63)と共に毎朝訪れる市新栄公園のラジオ体操で「1、2、3、4…」の掛け声に合わせるように「ワン、ワンワン」と鳴き、参加者を元気づけている。