内閣府が2019年度沖縄関係予算で前年度と同額の3190億円を要求したことに、県内経済界からは下げ止まりを評価し、自由度の高い一括交付金の確保へ尽力を求める声もあった。