沖縄タイムス+プラス ニュース

名護、宜野湾など5市議選きょう告示 沖縄・統一地方選 152人が立候補予定

2018年9月2日 05:00

 統一地方選は2日、名護、沖縄、宜野湾、南城、石垣の5市議選が告示される。沖縄タイムス社の調べでは1日現在、5市議会の総定数124に対し152人が立候補を予定している。辺野古新基地建設が争点の一つとなる名護市議選と、普天間飛行場を抱える宜野湾市議選は、30日に投開票される知事選に影響を与える選挙としても注目される。

 名護市議会(定数26)には32人が出馬を予定。2月の市長選で辺野古への新基地建設に賛否を示さずに当選した渡具知武豊市長を支持する与党と、新基地建設に反対する野党のいずれが過半数の議席を獲得するかが焦点となる。

 ほか立候補を予定しているのは沖縄市36人(同30)、宜野湾市28人(同26)、南城市26人(同20)、石垣市30人(同22)。

 統一地方選は、4日に大宜味、伊是名両村の村長選と5町16村の議員選挙が告示され、9日は竹富町を除く25市町村で投開票が行われる。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気