今年、創業70周年を迎えた沖縄タイムス社、琉球銀行、リウボウグループの3社は1日、9月2日の「くもじの日」に合わせて那覇市のパレットくもじ前広場で、トリプル70周年記念の納涼盆踊り&縁日を開いた。2日まで。

やぐらの上で輪になって盆踊りを踊る女性たち=1日、那覇市久茂地・パレットくもじ前広場(田嶋正雄撮影)

 戦後間もなく郷土の復興を掲げ那覇市久茂地で創業した3社が、久茂地の地に感謝の思いを伝えるイベント。1日昼からは地域の子どもたちによる和太鼓演奏やライブが開かれた。

 同日夜は市ほしぞら公民館民踊サークルの19人が盆踊りを披露。通り掛かった市民らも足を止めて一緒に踊りの輪をつくり盛り上がった。

 同サークルの嘉数知惠子さん(67)は「地域の人たちとの触れ合いが楽しい。みんなの笑顔が見られてよかった」と目を細めた。与那原東小学校5年の米須笑花さん(10)は「みんながきれいに踊った。盆踊りを見て夏の感じがした」と喜んだ。