第一交通グループ(北九州市、田中亮一郎社長)と内閣府は1日、那覇港と渡久地港(本部町)を結ぶ高速船の実証実験を始めた。直航便の1日3往復と、北谷、恩納、名護を経由する経由便2往復を運航する。本部半島を周遊するバスも運行させ、高速船と組み合わせた交通体系の可能性を探る。