【山城博明通信員】オキナワ日本ボリビア協会(仲村侑史会長)主催の第41回コロニア・オキナワ大運動会がこのほど、オキナワ第3移住地のグラウンドであった。当日は涼しい風が吹き、青空が広がる絶好の運動会日和。移住地最大の行事とあって、家族総出で観戦し、声が枯れるまで声援を送っていた。

真剣な表情で走る参加者=オキナワ第3移住地グラウンド

 開会式で仲村会長は「日頃鍛えた力を十分に発揮し、悔いのないように頑張って」と激励。選手を代表して第1移住地チームのロカ・ディエゴさんは「全力で挑むことを誓います」と力強く宣誓した。

 運動会とはいえ、フライング2回で失格など真剣勝負。5チームが学生、一般の部に分かれて、100メートル走やリレーなどで競った。

 学生と一般の部を合わせた総合優勝は、オキナワ第1移住地チームだった。