翁長雄志前知事の生前、直接の言葉で撤回を託された謝花喜一郎副知事は31日、撤回を発表する会見で自らの思いを語った。 「知事の強く熱い思いを受け止め判断した」 一方で、撤回の判断は法的な根拠を積み上げたことを強調するため「行政手続き」という言葉を30分間の会見で10回繰り返した。