沖縄気象台は3日、沖縄地方の今夏(6~8月)の平均降水量が平年を1・85倍上回り、1946年の統計開始以来、最多だったと発表した。前線や相次ぐ台風の接近が影響し、2005年(平年比1・72倍)の記録を上回った。

まとまった雨が降った後に、オーバーフローする安波ダム=6月、国頭村安波(小型無人機で下地広也撮影)

 また気象庁の夏の天候まとめ(6~8月)によると、東日本(関東甲信、北陸、東海)は平年より1・7度高く、1946年の統計開始以降、最も高くなり、1・1度高かった西日本(近畿、中四国、九州)とともに記録的な高温だった。

 沖縄地方の平均降水量は、那覇、久米島、宮古島、石垣島、与那国島の5地点から算出した。

 最も降水量が多かった宮古島は1303ミリと平年の2・25倍に達した。石垣島は1166・5ミリで1・95倍、那覇は957・5ミリで1・52倍だった。

 本州付近に張り出した太平洋高気圧の勢力が強く、沖縄地方に熱帯低気圧や湿った空気が流れ込みやすくなったことが要因。接近した台風は9個と平年値(4・2個)の2倍以上だった。7月単独の降水量は、統計開始以来、72年と並び過去最多となった。

 今年の台風の数は3日現在21個で51年の統計開始以来、歴代4位の多さ。北太平洋の熱帯域で海水温が高く、台風が発生しやすい状態が続いている。暖められた海水が蒸発して大量の水蒸気となり、西日本豪雨の要因にもなった。

 気象庁によると、太平洋高気圧とチベット高気圧がいずれも強くなり、晴れて気温が上昇する日が多かった。埼玉県熊谷市では7月23日に国内観測史上最高の41・1度を記録。全国に927ある観測地点のうち202地点で過去の最高気温に並ぶか、更新した。

 日照時間は東日本と西日本の日本海側でかなり多かった一方で、沖縄・奄美、北日本の日本海側で少なかった。

まとまった雨が降った後に、オーバーフローする安波ダム=6月16日午後、国頭村安波(小型無人機で下地広也撮影)