非常に強い台風21号(チェービー)は4日午前7時現在、足摺岬の南約130キロを時速35キロで北北東へ進んでいる。昼ごろに紀伊半島や四国に上陸、近畿を直撃する恐れがある。非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、1993年の台風13号以来25年ぶりとなる。猛烈な風や雨となる恐れがあり、気象庁は暴風や高波、土砂災害や川の氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風21号(9月4日午前7時50分)

台風21号の進路予想図(気象庁HPより)

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風21号(9月4日午前7時50分) 台風21号の進路予想図(気象庁HPより)

 台風の中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の南東側190キロ以内と北西側90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心の南東側440キロ以内と北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 4日午後6時には金沢市の北約60キロの北緯37度05分、東経136度35分を中心とする半径70キロの円内に達する見込み。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルが予想される。