沖縄タイムス+プラス プレミアム

遺志継ぐ「撤回」(4)玉城氏側、争点化に自信 国の法的措置が焦点に

2018年9月4日 06:00有料

 「私たちの気持ちは1ミリもぶれることはない」。2日、名護市内でマイクを握った玉城デニー氏(58)は、県が踏み切った名護市辺野古の新基地建設を巡る承認撤回を全面支持する考えを強調した。 県政与党は従来、13日の告示前までの撤回を求めてきた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ