【山内紫織ハワイ通信員】米ハワイ県系人の新たな拠点となる商業施設「ハワイ沖縄プラザ」の落成式典(主催・ハワイ沖縄連合会)が3日(日本時間4日)、米ハワイ州オアフ島の同プラザで開かれた。関係者約600人が参加して施設完成を祝い、ハワイと沖縄の絆を次世代に継承することを誓った。

ハワイ式のテープカットでハワイ沖縄プラザの落成を祝う関係者=3日(日本時間4日)、米ハワイ州オアフ島ワイパフ

 デイビット・イゲ州知事をはじめ、ハワイ沖縄連合会のコートニー・タカラ会長、ハワイ沖縄プラザ共同会長のクリス・島袋さん、沖縄ハワイ協会の高山朝光会長らが出席。結ばれたレイをほどくハワイ式のテープカットで祝福した。

 プラザは商業ビルとして活用し、老朽化が進むハワイ沖縄センターの維持管理費などを賄う収入源とする。

 式典でコートニー会長は「これから先も次世代が連合会をつなぐという夢がかなう。サポートしてくれた皆さまに深く感謝している」と礼を述べた。