2019年夏の開業を予定する沖縄都市モノレール「ゆいレール」延長区間整備事業で、4日、那覇空港駅からてだこ浦西駅までの約17キロがつながった。同日午前、浦添前田駅付近のトンネル入り口で軌道けたのボルト締めが行われ、工事関係者らが連結を祝った。

延長ルートの連結工事を終えた沖縄都市モノレール。浦添前田駅(左下)から首里方面に延びる路線=4日(小型無人機で下地広也撮影)

 延長区間の整備事業は総事業費525億円で、13年11月に着工。首里駅からてだこ浦西駅までの4駅、約4キロを結ぶ。今後は駅に通ずる自由通路建設や関連道路の整備、車両の試験走行などを行う。

 式典に出席した謝花喜一郎副知事は「(延長整備事業は)交通渋滞の緩和や駅周辺の開発促進、沖縄観光の魅力向上など効果は多岐にわたる。工事が安全に進むことを祈願し、関係機関と連携し、来年の開業に向けて取り組む」とあいさつした。