古酒の県外・海外への出荷拡大を目指し、沖縄県内43酒造所が出資する協同組合「琉球泡盛古酒(クース)の郷(さと)」(松田亮理事長)は4日、初の商品となる5年古酒「古酒の郷」を発売した。同日県庁で会見した松田理事長は「構想から10年を経てようやく出荷できた。