沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県知事選:後藤浩昌氏が出馬表明 新潟の行政書士「基地撤去のため独立」

2018年9月5日 08:38

 新潟県佐渡市の行政書士、後藤浩昌氏(57)が4日、県庁で会見し、30日投開票の知事選に立候補すると表明した。後藤氏は「米軍普天間飛行場を含め県内の米軍基地を沖縄から撤去させる。そのためには、独立以外のすべはない」と述べ、沖縄の独立を目指すとした。

後藤浩昌氏

 後藤氏は2016年10月の新潟県知事選に「普天間飛行場の佐渡市内への誘致」を公約に掲げ出馬し、落選した。後藤氏は1961年1月29日生まれ、東京都港区出身。國學院大学大学院修了。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気