4月から8月にかけて、沖縄県内の砂浜で見られるウミガメの産卵。ふ化のピークは7月後半から8月で、大宜味村はウミガメの生態に合わせた観察会を開き、本部町の国営沖縄記念公園(海洋博公園)では飼育施設で生まれた子ガメを1年間飼育して放流している。一方、県外では、生まれた子ガメを採取して弱った状態で放流をしている事例もあり、NPO法人日本ウミガメ協議会は一般の人が卵や子ガメを見つけた場合は触らないよう呼び掛けている。(北部報道部・山田優介)

国営沖縄記念公園の施設内で生まれたウミガメの赤ちゃんの大きさを測る職員=8月28日、本部町の同公園

 ウミガメは水中で交尾して、雌は交尾から約1カ月後に砂浜で産卵する。1回の産卵で約100個の卵を産み、産卵から約2カ月後にふ化が始まる。薄暗くなって地上に出てきた子ガメは、魚や鳥、カニなどの天敵から身を守るため、夜から明け方にかけて外洋に向かって泳ぐ。

特別な興奮期

 子ガメには「フレンジー」という特別な興奮期があり、本能的に約24時間止まらず動き続ける。この興奮期に海を目指す。

 ウミガメ協議会によると、県外では、事前に捕まえた子ガメを観察しやすい夕方ごろに放流するイベントもあるという。松沢慶将会長は「子ガメを捕まえて数日後に放流しても沖まで泳ぐ体力は残っていない。天敵に食べられるリスクが高まるだけ。子どもたちが観察を通して生物保護の意識を高めても、ウミガメの保護にはつながらない」と指摘する。

 県内では、ウミガメの生態に合わせた観察会が行われている。

 ふ化の観察会を20年以上前から毎年開催している大宜味村。今年は7月14、26の両日、村根路銘の海岸でアカウミガメのふ化を観察した。参加した子どもたちは、聴診器を使って砂の中にいる子ガメの動きを調べた。

 観察会は、子ガメが地表に出てくるタイミングに合わせるので、不定期だ。ウミガメの研究をしている村教育委員会の米須邦雄教育長が子ガメが出てくる頃合いを見計らって開いている。米須教育長は「観察はライトを当てたり、手を触れたりしないよう自然に近い形で行っている。子どもたちに自然への関心を高めてもらい、ウミガメを研究する次の担い手になってほしい」と期待する。

人気イベント

 海洋博公園では、施設内で生まれた子ガメを、直径約50センチの円形の水槽で養殖魚用の餌などを与えて育てている。外洋まで泳げるよう約1年かけて20センチの大きさまで成長させると、ウミガメの生態を研究するために金属のタグを前足に付けて放流している。

 放流会は1997年から開催され、今年は7月7、8日、アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイの3種類の子ガメ約120匹を放流した。2日間で親子120組が参加、報道でも取り上げられる人気のイベントとなっている。

 二つのイベントとも専門家の知見を基に催されており、同協議会では一般の人がウミガメを保護・放流しないよう注意を呼び掛けている。松沢会長は「観察や放流は専門家が立ち会っている。一般の人がむやみに卵や子ガメに触ったり、保護したりしてしまうと、かえって弱らせてしまう」と警鐘を鳴らした。