旭橋都市再開発が那覇市のモノレール旭橋駅周辺で工事を進めている複合施設「カフーナ旭橋A街区」の完成が間近に迫っている。

旭橋再開発事業で工事が進み完成間近のカフーナ旭橋=4日、那覇市

 同社によると、9割ほど工事を終えているといい、23日には落成祝賀会を予定している。工事現場では4日、作業員が建物内部や周辺道路を整備していた。

 新たな那覇のランドマークとなる複合施設は地下1階、地上11階建て。バスターミナルや多言語観光支援センター、商業施設「OPA」などが入居する。

 10月1日開業予定のバスターミナルが運用を開始次第、一般客も利用できるようになる。

 県立図書館は12月に開館予定で、その他の入居施設も順次開業する。