沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長前知事の「遺志」贈る 貧困対策などに計500万円

2018年9月7日 12:58

 8月に死去した翁長雄志前知事の妻樹子さんと長男の雄一郎さんが6日、沖縄県庁を訪ね、沖縄子どもの未来県民会議に200万円を贈呈した。

寄付金を贈呈した(左から)翁長雄一郎さんと樹子さん、受け取った謝花喜一郎副知事と大城玲子・子ども生活福祉部長=6日、県庁

寄付金を贈呈した(左から)翁長雄一郎さんと樹子さん、受け取った謝花喜一郎副知事と大城玲子・子ども生活福祉部長=6日、県庁

 翁長前知事の告別式で県民からの香典に対する返礼として、寄付を決めたという樹子さんは「翁長は沖縄の子どもたちの貧困問題に心を痛め、支援体制の構築に必死だった。現場で役立ててほしい」と話した。

 受け取った謝花喜一郎副知事は「翁長知事の思いを引き継いで、しっかりと子どもたちの貧困対策につなげたい」と寄付に感謝した。贈呈式後、樹子さんと謝花副知事は涙を浮かべながら握手を交わした。

 樹子さんは同日、那覇市こどものみらい応援プロジェクト推進基金に100万円を寄付したほか、辺野古基金にも200万円余りを贈った。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807
連載・コラム