沖縄タイムス+プラス ニュース

「南部九州総体」まで300日 沖縄の高校生らカウントダウン

2018年9月9日 10:27

 2019年7~8月に沖縄など5県で開催される全国高校総合体育大会「南部九州総体」の300日前カウントダウンイベントが8日、那覇市のパレットくもじ前広場であった。沖縄工業高校の生徒たちが制作したカウントダウンボードがお披露目されたほか、空手道や自転車、なぎなたなど県内で開催される競技が紹介された。

南部九州総体のカウントダウンボードを制作した沖縄工業高の生徒と、ポロシャツをデザインした小林憂菜さん(右から2人目)、平敷昭人県教育長(右)=8日、那覇市・パレットくもじ前広場

 カウントダウンボードを手掛けたのは、情報電子科と建築科の6人。点灯式で宮良一生さん(18)=3年=は「多くの人の目に留まるようフラッシュ式にした。喜んでもらえたらうれしい」と話した。

 那覇工業高2年の小林憂菜さん(16)は、サンゴをモチーフにした大会オリジナルポロシャツをデザインし、表彰を受けた。

 同イベントは高校生が主体となって運営。県高校生活動学校推進委員会の杉野乃彩委員長(16)=開邦高1年=は「多くの人に沖縄開催を知ってもらい、来県者を温かく迎えられるよう頑張りたい」と意気込みを語った。

南部九州総体のカウントダウンボードを制作した沖縄工業高の生徒と、ポロシャツをデザインした小林憂菜さん(右から2人目)、平敷昭人県教育長(右)=8日、那覇市・パレットくもじ前広場

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS