名護市議選は辺野古新基地建設に賛否を示していない渡具知武豊市長を支える与党候補と建設反対の野党候補がそれぞれ13人当選し、議席を二分した。与党側は渡具知氏が再編交付金を財源に進める子育て支援策の継続を前面に出して支持を集め、野党勢力を縮小させた。