沖縄タイムス+プラス ニュース

多彩な舞、地域の誇り うるま市エイサーまつり最終日

2018年9月10日 08:19

 第13回うるま市エイサーまつり(主催・同実行委員会、共催・うるま市、沖縄タイムス社)の最終日が9日、うるま市与那城総合運動公園陸上競技場であった。市内の青年会などのべ7団体が華やかな衣装と優雅な踊りで各地域の伝統エイサーを披露。多彩な舞を楽しもうと市内外から約1万9千人(主催者発表)が集まり、会場は拍手と指笛に包まれた。

勇壮なバチさばきを披露した赤野青年会=9日午後、うるま市・与那城総合運動公園陸上競技場(国吉聡志撮影)

 客席近くを練り歩く南風原獅子舞で幕開け。伊波エイサー保存会は、男性踊りが黒と赤を基調とする衣装を身に着け、空手の型も取り入れた力強い演舞を披露。女性踊りが琉球舞踊で使う四つ竹を持って優雅に踊った。引き続き平安座青年会や天願青年会、へしきや(西)、赤野青年会、具志川青年会、江洲青年会も次々と地域の誇りある踊りを披露し、盛り上げた。

 家族5人で訪れた北谷町の新垣優子さん(34)は「女の人の踊りがきれい。格好いい太鼓の音を聞くと、気持ちが高ぶった」と感動した表情。読谷村の津波道子さん(46)は「隊列がきれいな赤野の演舞がよかった。踊った『安里屋ユンタ』などの曲も好きです」と喜んだ。

 大会の締めくくりに花火が打ち上げられ、夜空を彩った。

【エイサーまつり!】 輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、沖縄各地のエイサーまつりの写真がご覧いただけます。輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

【エイサーまつり ※随時追加予定】

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS