ブランド豚「金アグー」を生産するキンアグー(國場盛光代表)は10月から、もも肉を2年かけて熟成させた「金アグー生ハム 原木」を販売する。金アグーは餌に添加物や成長ホルモン剤などを使わずに飼育しており、生ハムも無添加で仕上げているのが特徴。

キンアグーが10月から販売する「金アグー生ハム」

 金武町商工会(奥間尚登会長)の協力を得て、もも肉など余剰部位の加工品開発を進めており、生ハム製造もその一環で2016年から取り組んでいる。うまみを引き出すため、寒暖差が激しい長野県八ケ岳で2年間熟成する。塩気が少なく、脂の甘みとあっさりした肉のうまみが味わえる。出荷量は年間100本、1本約7キロで価格は8万円。富裕層がターゲットで、県内外の百貨店やホテルでの販売を目指す。

 10日、金武町役場で仲間一町長、奥間会長と共に会見した國場代表は、「アグーの生ハム製造、販売は県内では初めて」と独自性をアピール。仲間町長は「トップセールスも含め、販路確立に積極的に取り組みたい」と話した。問い合わせは同社、電話098(968)3824。