沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県への対抗措置、知事選後に先送り 辺野古埋め立て承認撤回

2018年9月13日 07:51

 【東京】政府は名護市辺野古の新基地建設に伴う、埋め立て承認を県が撤回したことへの対抗措置を、県知事選後の10月以降に先送りする方向で調整に入った。複数の政府関係者が12日までに明らかにした。13日告示-30日投開票の知事選を前に、撤回により停止された工事を再開するため法的措置をとれば県内世論の反発を招き、選挙情勢に影響しかねないと判断した。

(資料写真)キャンプ・シュワブ沿岸=8月10日

 政府は8月31日に県が撤回したことを受け、小野寺五典防衛相が法的な対抗措置をとると明言していたが、その後は動きがなかった。政府関係者は「処分内容の精査に時間がかかる」としている。

 政府は撤回の取り消し訴訟を起こすとともに、裁判所に執行停止の仮処分を求めるなどして撤回の効力を失わせ、工事を早期に再開したい方針。ただ、執行停止は「緊急性」が要件となるため約1カ月間、政治的な理由で静観すれば裁判で不利に働く可能性もある。

 執行停止は早くて数週間で認められる見通しだが、認められない場合、取り消し訴訟が決着するまで工事は再開できず、数カ月から1年以上かかる可能性がある。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS