【平安名純代・米国特約記者】米軍準機関紙「星条旗」は11日、県内25市町村議会議員選挙の結果について、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非をめぐり注目が集まった名護市議選について「明確な勝者がいない選挙だった」と総括した。