人間の言葉の起源は意味を持たない音楽的な発声だったという説がある。唱えていたのは進化論のダーウィンや思想家のルソーら。生物心理学の岡ノ谷一夫さんも、その説を取る一人

▼著書「『つながり』の進化生物学」で人類の祖先が狩りなどの時に集団で発したメロディーのうち、共通する音の連なりが単語となったとの仮説を示す。それが言葉に進化したというのだ

▼歌が人の感情に訴える強い力を持つのは、原初から人と人をつなぐ役割を持っていたから。伝統行事での古謡や作業歌、あるいは男女による歌掛けなど。古来、歌は人の心を動かし、人々の行動を促すものだった

▼きょう、引退の日を迎えた安室奈美恵さんの歌も、多くの人に感動を与えてきた。ファンを対象に一番好きな安室さんの曲を尋ねたアンケートには、数々のナンバーに励まされた人の声が並ぶ

▼難病と向き合ってきた男性、不登校の日々に悩んだ少女…。それぞれが沖縄出身の希代の歌姫の声に癒やされ、勇気付けられてきた

▼15日、宜野湾市のライブ会場周辺には朝から大勢のファンが集まった。終演後には会場の外で、集まった人たちが感謝の気持ちを込め「NEVER END」を合唱した。あなたの歌は人をつなげ、動かした。引退は残念だけど、その歌声は人々の心に、しっかりと刻み込まれる。(玉城淳)