沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県議会、県民投票条例で20日に臨時会 翁長前知事に黙とうも

2018年9月18日 11:19

 沖縄県議会の議会運営委員会(大城一馬委員長)は18日午前、名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票条例案を審議するため、20日に臨時会を開会すると決定した。また、臨時会本会議の冒頭で翁長雄志前知事に黙とうすることも決めた。

沖縄県議会

 本会議では県民投票の実施を求める署名を集め、条例制定を求めた請求者の意見陳述も実施。意見陳述後に米軍基地関係特別委員会に審査が付託される。

 委員会の日程は20日に協議されるが、審議に数日かかる見通しで、委員会を経て本会議で採決されるのは10月にずれこむ可能性が高い。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気