今夏の甲子園は優勝した大阪桐蔭よりも、準優勝の金足農業(秋田)に注目が集まった。私立が参加校の半数以上を占める甲子園で、公立校としては2008年の浦添商業、09年の岐阜商業以来の4強入り。決勝進出は「がばい旋風」を巻き起こし、劇的な満塁弾で優勝した07年の佐賀北以来11年ぶりの快挙だった。