自民党の石破茂元幹事長は18日、総裁選で自身を支援する石破派の斎藤健農相が安倍晋三首相支持の国会議員から辞任の圧力を受けたとされる問題を巡り、安倍氏が問題視しない考えを示したことを重ねて批判した。広島県福山市での街頭演説で「脅し、圧力があるとしたら、自民党は社会の見本になるか。圧力やパワハラが『よくあることだ』では済まされない」と述べた。

 石破派の平将明広報委員長(衆院議員)は、麻生太郎副総理兼財務相が圧力を擁護したことに反発した。党本部で記者団に「『大臣にしてもらったのに』という古い価値観からくる発言だ」と指摘した。(共同通信)