沖縄県警は、安里十字路―松川交差点(県道29号、約900メートル)と国場交差点―古波蔵交差点―旭町交差点(国道507号・330号、約3・4キロ)の2区間で、時間によって中央線を移動する「中央線変移」の一部廃止とバスレーンの短縮などを検討している。中央線を示す機器の老朽化や交通状況の変化などが理由で、10月12日までパブリックコメント(意見公募)を実施中。早ければ2020年度中に移行する。

県道29号(安里十字路─松川)の規制

国道507・330号(国場─旭町)の規制

県道29号(安里十字路─松川)の規制 国道507・330号(国場─旭町)の規制

 県警によると、両区間の中央線変移は1981~82年に始まり、通行台数の多い方向に車線を増やすことで渋滞軽減を図っている。

 一方、国道329号那覇東バイパスへ交通量が分散していることや、松川西から那覇市真嘉比方面への右折車両が増加したことによる渋滞の発生など、両区間の周辺で交通状況が大きく変わっているため、見直しを始めた。

 安里―松川は現在、午前6時~午後5時半は松川から安里向けが2車線(うち1車線は平日午前7時半~9時にバスレーン規制)、午後5時半から午前6時は安里から松川向けが2車線(1車線は平日午後5時半~7時に同規制)。

 見直し案では、松川西交差点から松川までの中央線変移とバスレーンを廃止し、松川西と松川の両方に右折帯を整備する。

 国場―古波蔵―旭町は現在、平日午前7時半~9時は国場から旭町向けが3車線(うち国場―古波蔵間の1車線はバスレーン)、旭町から国場向けが1車線。同区間の見直し案は、中央線変移を廃止し、国場から旭町向け、旭町から国場向けをそれぞれ終日2車線に固定する案が出ている。

 14年には泊交差点―安里三差路の区間(県道29号)で中央線変移が廃止されたが、国道を含む規模での廃止検討は初。県警は両区間ともに「現状維持」を含む他の7案を県や県警のホームページなどで公開している。