沖縄の新聞は1893(明治26)年、最後の琉球国王尚泰の四男尚順らが発刊した「琉球新報」以来、分裂や創刊、改題、廃刊を繰り返した。 1940年「琉球新報」「沖縄朝日新聞」「沖縄日報」の3紙は政府・軍部が進めた「1県1紙統合」で強制的に「沖縄新報」に統合された。