【東京】20日の自民党総裁選で県選出の国場幸之助、西銘恒三郎の両衆院議員は安倍晋三首相に投票した。安倍氏に入れた理由について、国場氏は「沖縄に対する経済振興や基地の負担軽減で実績をつくっている」と評価。西銘氏は「5年半で多くの首脳会談をこなしてきた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。