沖縄県宜野湾市長選が23日告示され、30日の投開票日まで1週間の選挙戦に入る。政府・与党の支援を受ける無所属で前副市長の松川正則氏(65)=自民、公明、維新推薦=と、「オール沖縄」勢力が支える県高校PTA連合会前会長の仲西春雅氏(57)=社民、共産、社大、立憲民主、自由、国民民主推薦=が立候補を予定。新人同士の一騎打ちとなる公算が大きい。

(左から)松川正則氏と仲西春雅氏

 米軍普天間飛行場のある地元の市長選で、選挙結果は政府が普天間の移設先に位置付ける名護市辺野古の新基地建設にも影響を与える可能性もある。沖縄県知事選と同日投開票の「ダブル選挙」でも注目が集まる。

 松川氏は22日、市長田交差点でマイクを握り、副市長として佐喜真淳前市長と一緒に約6年半行政を担ってきた実績を強調。「佐喜真氏の後継として市民生活が一番の宜野湾市にしていきたい」と訴えた。

 仲西氏も同日、嘉数高台公園前で演説し、米軍ヘリの部品や窓枠が落下した事故の対応で前市政に本気度がなかったと指摘。「私は市民の先頭に立って子どもの命と教育環境の安全をしっかり守る」と訴えた。

 松川氏は23日午前8時半から市普天間の普天間りうぼう前で出発式を、仲西氏は同日午前8時半から市上原の沖縄海邦銀行普天間支店前で出発式を開く。松川氏側に佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=、仲西氏側に「オール沖縄」勢力が推す前衆院議員の玉城デニー氏(58)の両知事選候補者も応援に駆けつける。

 宜野湾市の12日時点の有権者数は7万6616人(男性3万6739人、女性3万9877人)。