宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は23日午前2時52分、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」7号機を鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Bロケットで打ち上げた。こうのとりは予定の軌道に投入され、7回連続で打ち上げに成功した。

 無人補給機「こうのとり」7号機を載せ、打ち上げられるH2Bロケット=23日午前2時52分、鹿児島県の種子島宇宙センター

 無人補給機「こうのとり」7号機を載せたH2Bロケットの打ち上げに成功し喜ぶ関係者=23日午前3時7分、鹿児島県の種子島宇宙センター

 22日午前、打ち上げに向けて発射地点に移動する、無人補給機「こうのとり」7号機を載せたH2Bロケット=鹿児島県の種子島宇宙センター

 無人補給機「こうのとり」7号機を載せ、打ち上げられるH2Bロケット=23日午前2時52分、鹿児島県の種子島宇宙センター  無人補給機「こうのとり」7号機を載せたH2Bロケットの打ち上げに成功し喜ぶ関係者=23日午前3時7分、鹿児島県の種子島宇宙センター  22日午前、打ち上げに向けて発射地点に移動する、無人補給機「こうのとり」7号機を載せたH2Bロケット=鹿児島県の種子島宇宙センター

 今回はステーションからタンパク質の結晶などの試料を地球に届ける実験を行うため、小型回収カプセルを搭載した。宇宙から物を安全に地球へ戻す技術を確立するのが目的。将来、人の輸送も可能な技術に育てば、米ロや中国に後れを取る有人宇宙ロケット開発につながるかもしれない。(共同通信)