米軍普天間飛行場を抱える30日投開票の宜野湾市長選が23日告示された。午前11時半時点で、「オール沖縄」勢力が支える県高校PTA連合会前会長の仲西春雅氏(57)=社民、共産、社大、立憲民主、自由、国民民主推薦=と、政府与党が支援する無所属で前副市長の松川正則氏(65)=自民、公明、維新推薦=が立候補を届け出ている。共に新人同士の一騎打ちとなる公算が大きい。選挙結果は、政府が普天間の移設先に位置付ける名護市辺野古の新基地建設に影響を与える可能性があり、注目が集まっている。

出発式で支持を訴える仲西春雅氏=23日、宜野湾市上原(左)出発式で支持を訴える松川正則氏=23日、宜野湾市普天間(右)

 前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、前衆院議員の玉城デニー氏(58)が事実上の一騎打ちとなった県知事選と同日投開票の「ダブル選挙」。市長選も知事選同様、政府与党が推す候補と、名護市辺野古の新基地建設に反対する「オール沖縄」勢力が支える候補がたたかう構図となる。

 仲西氏は23日、市上原での出発式で「オール沖縄で垣根を乗り越え、米軍普天間飛行場の即時閉鎖を求め、辺野古の新基地に反対する。子どもたちの命を一番に考え、国目線でなく、市民目線の市政を実現したい」と強調。玉城氏も応援に駆けつけ「子どもたちの命がないがしろにされている市政を変えよう。新時代沖縄、新時代宜野湾をつくろう」と訴えた。

 松川氏は同日、市普天間での出発式で「市民生活を守るため一生懸命、6年半の佐喜真氏と行政を担ってきた。この流れを止めてはいけない。佐喜真氏とのコンビで普天間飛行場の課題を解決する」と訴え。共にマイクを握った佐喜真氏は「松川氏は私と二人三脚ですべてをみてきた。私以上に実力があり、『宜野湾が一番』が継承発展できる」と訴えた。

 市長選は佐喜真氏の知事選立候補に伴う実施。宜野湾市の23日時点の有権者数は7万6610人(男性3万6727人、女性3万9883人)。