沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古新基地の白紙化、米議員らに促す 米退役軍人の会が働き掛け

2018年9月23日 12:28有料

 退役軍人を中心につくる「平和を求める元軍人の会-琉球・沖縄(VFP-ROCK)」のダグラス・ラミスさんらは20日、県庁で会見を開き、米政府監査院(GAO)に対し、名護市辺野古の新基地建設計画を調査するよう求めるため、米連邦議員への働き掛けを始めると発表した。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気