沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県知事選:辺野古新基地「絶対造らせない」 玉城デニー氏が総決起大会

2018年9月23日 10:05

 30日の沖縄県知事選に立候補した「オール沖縄」勢力が推す玉城デニー氏(58)は22日、那覇市の新都心公園で総決起大会を開いた。玉城氏は「みんなで一つになれば大きな力を発揮することができる。翁長雄志知事の理念を全うし、貫いていく」と決意を述べた。

総決起大会で支持者とガンバロー三唱で気勢を上げる玉城デニー氏(上段中央)=22日、那覇市天久・新都心公園

 名護市辺野古の新基地建設について、平和を希求する理念と相反するとし「絶対に造らせない」と強調。米軍普天間飛行場周辺では米軍のヘリが小学校上空を飛び交い、子どもの学習環境が脅かされている現状に触れ「普天間は閉鎖返還。戦争で奪われた土地は県民に返すべきだ」と訴えた。

 「だれ一人取り残さない」をキーワードに掲げる玉城氏は、子どもの貧困問題を課題に挙げ、「アジアのダイナミズムを取り入れ、沖縄の可能性を伸ばしていく。そこで得られた原資、利益を沖縄の社会に還元し、優しい社会をつくる」と述べた。子どもの居場所づくりや中高生のバス通学無料化などにも取り組む考えを示した。

 ひやみかちうまんちゅの会の呉屋守將会長は「ウチナーンチュ一人一人は弱いが、集まれば万人の矢となって、さらに大きな力となる」と訴えた。富川盛武副知事は「玉城氏は沖縄を誇りある豊かさに間違いなく導く」と主張。翁長氏の妻樹子さんも登壇し「翁長が心の底から愛して、140万人県民を本当に命掛けで守ろうとした沖縄。ぬちかじり(命の限り)頑張りましょう」と呼び掛けた。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気