大弦小弦

[大弦小弦]極右勢力に称賛されて、喜んでいいものかどうか…

2018年9月24日 08:24

 極右勢力に称賛されて、喜んでいいものかどうか。ドイツの新興政党「ドイツのための選択肢」の幹部が時事通信のインタビューに「国家の使命は国境の保護。日本は非常に良くやっている」と答えている

▼紛争や迫害のため故国を逃れた難民の受け入れは2016年、ドイツの25万人に対し、日本は28人。ほぼ1万分の1しかない。先進国でありながら、消極姿勢は突出している

▼来年4月には法務省入国管理局が「入国在留管理庁」に格上げされ、職員も増える。難民支援協会の石川えり代表理事は「人手不足を埋める労働力と、それ以外の外国人の選別、管理がさらに強まるのではないか」と懸念する

▼協会は16年の沖縄平和賞受賞を機に、内戦が続くシリアからの留学生受け入れを沖縄でも始めた。今年4月から男女1人ずつが那覇市の日本語学校で学ぶ。家庭に下宿し、アルバイトをして、日本語も上達しているという

▼沖縄側の協力に感謝する石川さんは、しまくとぅばの「ちむぐりさ」に理由を見いだす。人の痛みをわがこととする。東京には同じような言葉がなく、「なぜ難民を迎えるのか、説明に苦労することも多い」と話す

▼救える命を救うことは、国際社会における応分の責任を果たすこと。その意味を、沖縄で隣人として暮らす留学生からも学べたらいいと思う。(阿部岳)

ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
阿部 岳
朝日新聞出版 (2017-08-21)
売り上げランキング: 5,370

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS