新那覇バスターミナルや県立図書館が入居する「カフーナ旭橋」の落成記念式典が23日、那覇市旭町の県市町村自治会館であった。新ターミナルの運用開始は10月1日。モノレール旭橋駅と結ばれた沖縄の新たな交通拠点の完成を、多くの人が祝った。

新バスターミナルの完成を祝った出発式で、テープカットを行う関係者ら=23日、那覇市

 式典で旭橋都市再開発の下地明和社長は「落成の日を迎えられ、関係者や近隣住民に感謝する」とあいさつ。バスターミナルや県立図書館、商業施設などが入る中核施設が完成したことで「多機能都市空間、交通拠点としてさらに魅力あるまちになる」と期待した。

 この日は新ターミナルの出発式もあり、県内のバス4社代表者ら関係者がテープカットを行った。

 新ターミナルは待合室やデジタル表示の案内、多言語案内システムなどが整備された。2階以上に入居する県立図書館や商業施設、観光案内所は10月から12月にかけ、順次オープンする予定。