米軍普天間飛行場問題が最大の争点となる宜野湾市長選が23日告示され、無所属新人で県高校PTA連合会前会長の仲西春雅氏(57)=社民、共産、社大、立憲民主、自由、国民民主推薦=と、無所属新人で前副市長の松川正則氏(65)=自民、公明、維新推薦=が立候補を届け出た。「オール沖縄」勢力が支える仲西氏に対し、政権与党の支援を受ける松川氏の対決構図で、30日の投開票まで1週間の選挙戦に突入した。

(左)出発式で支持を訴える松川正則氏=23日、宜野湾市普天間(右)出発式で支持を訴える仲西春雅氏=23日、宜野湾市上原

 名護市辺野古の新基地建設の是非が最大争点となる県知事選と同日投開票の「ダブル選挙」となる。仲西氏は前衆院議員の玉城デニー氏(58)と、松川氏は前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=とのセット戦術を加速させる。

 仲西氏は23日、市上原での出発式で「翁長雄志前知事の遺志を継ぎ、米軍普天間飛行場の即時閉鎖を求めて辺野古の新基地は反対する。市民目線の市政を実現しよう」と訴えた。

 松川氏は同日、市普天間での出発式で「佐喜真市政の6年半で市民生活は大きく変わった。流れを止めてはいけない。『宜野湾が一番』を継承発展できるのは私だけだ」と力を込めた。

 両氏は普天間飛行場の早期返還を求める姿勢では一致するが、仲西氏は新基地建設反対を明言し、松川氏は賛否を示していない。選挙結果は、普天間飛行場を抱える地元自治体で示された新基地建設に関する民意として県内外の注目が集まりそうだ。子育て支援や福祉政策、経済振興、行財政改革も主な争点となる。

 市長選は佐喜真氏の知事選立候補に伴って実施される。宜野湾市の22日現在の選挙人名簿登録者数は7万6610人(男性3万6727人、女性3万9883人)。

◇    ◇

【立候補者プロフィール】

 仲西 春雅氏(なかにし・はるまさ)1961年6月26日生まれ。浦添市出身で宜野湾市志真志在住。興南高校卒。会社役員。2014年から18年5月まで県高校PTA連合会会長。

 松川 正則氏(まつがわ・まさのり)1953年9月20日生まれ。宜野湾市野嵩出身。琉球大学短期大学部卒。議会事務局長などを経て、2012年3月から18年9月12日まで副市長。