【クリッシー悦子通信員】米国インディアナ県人会(厚子リチャードソン会長)の恒例行事、ピクニックがこのほど、インディアナポリス市内のローレンス・コミュニティー公園であった。爽やかな夏晴れの中、会員や家族、友人ら50人が参加。ビンゴやスイカ割りなどで過ごした。

爽やかな夏晴れの下、ピクニックを楽しんだインディアナ県人会=インディアナポリス市内

 特に盛り上がったのは綱引き。男女チームに分かれ「レディ、ゴー」で一斉に綱を引き、接戦の末女性チームが勝利した。「毎年女性が勝っている。沖縄の女性は強いんですよ」とリチャードソン会長。一品持ち寄りでクーブイリチー、サーターアンダーギー、焼きそば、ゴーヤーチャンプルーなど沖縄の料理などがテーブルいっぱいに並んだ。

 同県人会は1994年に設立。来年の25周年記念祝賀会に向け準備を進めている。会員のほとんどは米兵との婚姻で米国に渡った女性たちだが、親や祖父母がハワイ移民を経て米本国に移住した県系人、ブラジルから移住した県系人などもいて現在60人。