サントリービールは24日までに、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、アジア圏や訪日外国人客に対し、主力ビール「ザ・プレミアム・モルツ」のPRを強化する方針を明らかにした。山田賢治社長が共同通信のインタビューで「知名度や品質などの面で、日本産高級ビールの代表格にしたい」と意気込みを語った。

インタビューに答えるサントリービールの山田賢治社長

 サントリーは現在、海外にビール工場を持っておらず、10年からアジア圏を中心にビールを輸出している。「日本の水の品質などがあってこそ、今のおいしさを出せている。五輪は海外の方に知ってもらう好機だ」と期待感を示した。

 国内では「ザ・プレミアム・モルツ」の「泡」の高い品質を前面に出した販促活動が奏功。縮小が続く国内ビール市場でも、1~9月の販売量は前年同期を上回る見通しだという。

 山田氏は国内に続いて海外でも泡にこだわる戦略を展開する方針を表明。日本とは価値観の違いもあるとしつつも「デモンストレーションなども行ってきたが、泡にこだわる必要性はちゃんと伝わるという手応えがある」と語った。