6次産業化や海外販路拡大など、沖縄ブランドの拡大によって収益向上を図るとともに、かんがい施設やほ場整備など生産基盤の強化や耕作放棄地利用拡大などの生産拡大の環境づくり、担い手の育成拡大などにより、農水産業の活力向上を実現する。県外への出荷に要する輸送コストの低減を進め、出荷を拡大する。