気象庁によると猛烈な台風24号は25日午後6時現在、沖縄の南にあって、ほとんど停滞している。沖縄気象台によると、高気圧が東側に後退し、台風を動かす風が弱いため。台風は勢力を維持しながら、28日ごろから沖縄の南の海上を北西に進む見込み。29日ごろには、沖縄地方にかなり接近する恐れがある。

25日午後6時現在の台風24号の進路予想図(気象庁HPから)

 すでに沖縄地方の沿岸の海域では、波が高まり、うねりを伴いしけているため、沖縄気象台は海のレジャーに注意を呼び掛けている。

 25日午後6時現在、沖縄の南の北緯20度00分、東経128度55分にある。中心の気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北側500キロ以内と南側410キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。