「チャーミーしないで」「スーミーでいいよ」-。29日ごろ沖縄地方に接近する恐れのある猛烈な台風24号の名称「チャーミー」が、会員制交流サイト(SNS)で話題になっている。チャーミーは、沖縄のしまくとぅば(島言葉)で「よく見る」「凝視する」といった意味。「チャーミーしてる台風、それるといいなー」と進路を気に掛ける投稿が相次いだ。

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた26日午前6時50分現在の台風24号。台風の目がくっきりしている。

台風24号の進路予想図(気象庁HPより)

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた26日午前6時50分現在の台風24号。台風の目がくっきりしている。 台風24号の進路予想図(気象庁HPより)

 台風には2000年から、アジア・太平洋地域の言語を使った共通名が付けられている。あらかじめ用意された140個の名前から順番に使い、チャーミーは28番目。花の名前でベトナムが命名した。

 沖縄では別の意味を持つため、SNS上で「停滞して沖縄をチャーミーするわけだな。スーミー(のぞき見する)でいいよ」「沖縄方言で『よく見る』だから(笑)進路に注視しよう」と話題に。

 30日には沖縄県知事選挙が控えており、「台風も知事選が気になっているんだな。(中略)沖縄県民のみんな早めに投票行きましょうね」と呼び掛ける投稿もあった。