【解説】米軍普天間飛行場の代替施設が必要かどうか、本土で議論し、その結果責任も引き受けるという陳情が東京都小金井市議会で初めて採択された。本土側が「公正な解決」を宣言した意義は大きい。 陳情のベースになった「新しい提案」は、日米安保に賛成でも反対でも賛同できるように構想された。