大分市内のアパートで1人暮らしをしていた五條堀美咲さん(26)の行方不明が分かってから2年となる26日、大分県警は市内各所で情報提供を呼び掛けるチラシを配った。捜査員25人態勢で捜索を続けているが、足取りは依然つかめていない。

 行方不明となっている五條堀美咲さんの情報提供を呼び掛ける父親=26日午前、大分市

 この日は警察官50人以上が街頭に展開。両親や姉、親戚もアパート近くの道路でドライバーや歩行者にチラシを手渡した。父親(64)は「いろいろ考えてしまうが、無事に見つかってほしい」と苦しい胸の内を明かし、市民の協力を訴えた。

 大分県警によると、五條堀さんは福岡県久留米市出身で、15年1月から大分市で暮らし、服飾関係の仕事に就いていた。(共同通信)