沖縄タイムス+プラス ニュース

J3首位走るFC琉球にJ2ライセンス 倉林代表「昇格へ経営改善」

2018年9月28日 09:22

 Jリーグは27日、来季のJ1とJ2の参加資格となるクラブライセンスの判定結果を発表した。J3のFC琉球は県庁で会見し、J2参加のライセンス交付を報告した。現在14勝5分け4敗で首位を走る琉球の昇格が現実味を帯びる中での交付決定に、倉林啓士郎代表は「チームが結果を残してくれる中、フロントとしてかなりのプレッシャーがあった。胸をなで下ろしている」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

J2ライセンス取得を報告した(右から)FC琉球の徳元悠平、倉林啓士郎代表、県協会の具志堅朗会長=県庁

 2017年度は2期連続赤字となったことから、昨年に続いて是正通達付きの交付となった。倉林代表はフロント人員や経営基盤の強化、ガバナンス改善を課題に挙げ「さらにスピードアップして質を高め、クラブとしての経営改善を進めていく」と述べた。

 2位との勝ち点差は4で、残りはホーム4試合を含む9試合。県出身のDF徳元悠平は「チームもいい雰囲気で試合をやれている中、本当にいい報告だった。絶対に優勝してJ2に上がる」と決意を新たに。県協会の具志堅朗会長は「琉球がJ2に昇格できるよう、県民で応援していこう」と呼び掛けた。

 また、J2昇格に向けて機運を高めようと、球団は28日からホーム戦のチケット2枚が付いた昇格応援タオルを発売する。ホーム4試合の共通チケットで価格は2千円。球団のオンラインショップで購入できる。

 申請した全48クラブが資格を取得し、内訳はJ1が41クラブ、J2が7クラブ。J2水戸に解除条件付きでJ1ライセンス、J3秋田にはJ2ライセンスが新たに交付された。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS